ビル・マーレイとズィスー船長

ウェス・アンダーソン監督の1998年の映画「天才マックスの世界」の脇役としてのビル・マーレイに興味を持ちました。
それまでは日本でも大ヒットした映画「ゴーストバスターズ」の主要なキャスト3人の1人としてビル・マーレイを知る程度でした。
「天才マックスの世界」以来、ウェス・アンダーソンの映画の常連となったビル・マーレイ。
主役も脇役もこなします。
彼はアメリカ人俳優ですが、コメディアンでもあります。
独特の間というか、ちょっとした表情や仕草のユーモアがあって、大好きな俳優です。
特にウェス・アンダーソンの2004年の映画「ライフ・アクアティック」でのスティーヴ・ズィスー船長役の、とぼけた笑い、ほのぼのした笑い、ビル・マーレイの動きのすべてがユーモアになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です